先手

ミィ「あっ、来た来た」 ミィ「倒れたフリ・・・」 あのぉ、そこ、邪魔なんですけど・・・・ ミィ「看病する気はないんですか?」 だって、触った瞬間、襲うでしょ? ミィ「バレてら・・・・・」 アイ君は食欲旺盛で、元気になってきているようです。

転倒

フリースを咥えてきて、落とした 何を考えているのか? 頭がない で、急に倒れる ミィ「撫でてくれてもいいんじゃないですか?」 すぐに噛まれるのでご遠慮させて頂きます。

やっぱり小心者?

ミィ「家の中で変な音が聞こえた!!」 ミィ「怖い。どうしよう?」 ミィ「気のせいかな?」 ミィ「恐る恐る・・・・・」 ミィ「大丈夫そうだ」 ミィ「大丈夫・・・・と思いたい」 アイちゃんの現状です(撮影して頂きました) 決して状態は良いとは言えませ…

食い意地

サスケ「おっ!!」 サスケ「お帰り!!」 サスケ「お腹空いちゃったよ」 サスケ「ミャー君もお腹空いたよね?」 ミャー「うっ、うん。」 サスケ&ミャー「頂きまぁ〜〜〜〜す!!」 サスケ「ちょっと頭がぶつかって・・・・・」 サスケ「ミャー君、先にどう…

ご飯の時間ですよ

パピ君、ご飯の時間だよ パピ「食べていい?」 どうぞ召し上がれ パピ「頂きま〜〜〜〜〜す!!」 パピ「カプカプ」 パピ「もぐもぐ」 パピ君、その体制、疲れない? パピ「自分もそう思ってた」

小心者?

ミィ「なんか、見たことないものが置いてある」 ミィ「なんだろ、これ?」 ミィ「上から何かぶら下がってる」 ミィ「ちょっとチェックしてみようかな」 ミィ「クンクン」 ミィ「揺らしちゃえ!!」 ミィ「おっ!!」 ミィ「なんか動いた(上のボール)」 ミ…

興味津々

ミィ「ゴールデンウィーク最後の日なのに・・・」 ミィ「つまらないなぁ」 ミィ「おっ!!!なんだあれは!!!」

寂しい

パピ「スズ君が亡くなって・・・・・」 パピ「1人になっちゃった。」 パピ「寂しいなぁ」 パピ「友達が欲しい!!」 いい友達ができるといいね。

あんよ

あっ、また倒れてる もしもし? ミィ「何ですか?」 その格好、かなりおデブに見えますよ。 ミィ「おデブと言われようが別にいいんですよ」 それに・・・・・ その足は一体・・・・

いつもの行事

ドアを閉めようとすると ミィ「なんで閉めるの?」 いや、ここ、トイレですよ。 ミィ「閉めたら」 ミィ「だぁ〜〜〜〜〜〜」 ミィ「め!!!」 思う存分角にスリスリしたら、やっとドアを閉められる・・・・・

お帰り!!!!

なんと白八君は元気でした!!! お帰りなさい!!! 3ヶ月ぶりの再会です。 白八「お腹すいた!!」 はいはい、準備しますよ 白八「頂きま〜〜〜〜〜す!!」 ゾロ君と会うのも久々だけど、白八君が食べ終わるまで待ってね。 白八「ごちそうさまでした」 …

帰ってきてね!!

アイ君が行方不明になって1週間・・・・・ (4/18早朝撮影) アイ君は以前から、少し体調が悪くなると、すぐにどこかに隠れてしまっていたよね。 心配して待っていると、1週間以上経って、元気よく戻ってきて 本当に心配していたんだからね。 今回もま…

命日

今日は、7年前に亡くなったしぐれ君の命日 しぐれ君は長毛で、とてもきれいだった。 体が大きければ、メインクーンかと思うぐらいだったけれど、体のサイズは普通。 とても喧嘩っ早く、誰とでも喧嘩をしていたね。 唯一、スズ君に負けたよね? (それは内緒…

スズ君の思い出

スズ君の思い出の動画を作りました。 youtu.be

捨て猫

ある猫が、家庭の事情(引っ越し)により、野に放たれた 捨て猫である その子は、首輪に大きな鈴を付けていた 本当の名前は知らないが、近所では「スズ」という名前で呼ばれるようになった 元は飼い猫 とても人懐っこく、誰にでも撫でさせたりした 猫が嫌が…

悲しいこと・・・・・

ここにもたくさん写真を載せてきたスズ君が、4/16に亡くなったそうです・・・ あんなに元気だったのに・・・・ 今まで撮ってきたスズ君の写真を掲載します。

快適

朝食の後、アイ君は寝転がった。 ねえねえ、歩道のど真ん中に寝ていたら、危険だよ。 自転車も通るし・・・・ アイ「だって、あったかくて気持ちいいんだもん!!」 アイ「あ〜〜〜〜。気持ちいい!!!」 アイ「おやすみなさい!!」 アイ君のこういう姿を…

頭上から

あのぅ ミィ「・・・・・・・・」 もしもし、聞こえています? ミィ「んっ?」 ミィ「何か呼んだ?」 ただ、呼んでみただけでして・・・・ アイ君は少しではありますが、歩けるようにはなっています。

アイ君頑張れ!!

3日前よりアイ君の体が急激に弱ってきた。 一応ご飯は食べるけど、全く元気がなく、歩くのがやっとという状態。 歳が歳(推定18〜20歳)だけに、とても心配・・・ 頑張れ!!アイ君!!!

超ご機嫌

ミィ「フンフンフン!!」 ミィ「Uターン!!」 ミィ「ランランラン!!」 あのぅ・・・・・ ミィ「なんですか?」 干したばかりの布団の上を、そんなにズカズカ歩いて、せっかくふっくらした布団をつぶさないで欲しいのですが・・・ ミィ「どうせすぐつぶれ…

救急車出動?

あっ、倒れてる。 全く微動だにしない。 もしもし? もぉ〜〜〜〜し、もぉ〜〜〜〜〜〜し!! ミィ「よっこら」 ミィ「せ、っと」 あっ、動いた。 ミィ「こっちはゆっくり休んでいるのに・・・。全くもう!!」

いつものパターン?

アイ&サスケ「モグモグ」 アイ&サスケ「モグモグモグ」 アイ&サスケ「モグモグモグモグ」 アイ「あぁ〜〜〜〜〜〜、食べ過ぎた・・・・。お腹が苦しい・・・・」 そりゃあドライをたらふく食べた上に、缶詰2つも食べちゃいましたからねぇ。

どこかから視線を感じる。 あっ、いた ミィ「こんな所に箱を置いておく方がいけないんですよ」 スミマセン・・・・

仲良しこよし

www.youtube.com

頑張る黒八君

黒八「ガリガリ」 黒八「ガリガリガリ」 黒八「ガリガリガリガリ!!」 黒八「もっとやっちゃえ!!ガリガリガリ!!」 黒八「この辺で許してやろう!!」 爪研ぎ、お疲れ様でした。

行ってきます

行ってきま〜〜〜す!! って、どこ見てるの? お〜〜〜い!! ミィ「行ってらっしゃい!!きちんと稼いでくるように!!」 はい・・・・・ ミィ「帰り道に浮気(アイ、サスケ、他」をしないように!!」 みんな雄なんだけど・・・・

お手?

んっ?? 何故こんなに腕を伸ばす? ミィ「それは獲物を素早く捕まえるため。こうして伸ばしていると、もっと遠くまですぐに伸ばせるから」 もうこれ以上腕は伸びないのでは? ミィ「・・・・・・・・・・・・」

取り合い

椅子に座ろうかと思ったら・・・・ 先客が・・・・ ミィ「ここは僕の席ですよ」 はい、判りました。 ミィ「この家のもの、全部僕のものですから!!!」 よく存じておりまする・・・・

策略?

アイ「ねぇねぇ」 アイ「遊んでよぉ〜〜〜!!」 アイ「ご飯でもいいけど」 はいはいはい、判りましたよ。ちょっと時間がないから、ご飯をあげますね。 (外出時はいつ、どこで猫達に出会ってしまうか判らないので、常にドライを携帯) アイ「僕だけでなく、…

捕獲!!

深夜、いつも家中をドコドコ、バタンバタンと走り回り、更に「わお〜〜〜〜!!」と雄叫びをあげる、未確認生物がいる。 それを捕獲すべく、夜にダンボール箱を置いた。 朝、ダンボール箱にそっと近付くと、中に入っている様子 ガラス越しに未確認生物が映り…